© 2019 Animal World Cup 2020 in Tokyo 実行委員会

Animal World Cup 2020 in Tokyo 実施競技

・DOG PULLER

 世界56ヶ国に広がり、日本でも話題となっているDOG PLAYNING®(※)玩具『PULLER』を使ったドッグスポーツです。(PULLEREホームページはこちら ⇒)
2012年にウクライナで初めて開催され、あっという間に世界中に広がった新しいドッグスポーツです。2018年は、チェコでワールドチャンピオンシップが開催され、2019年はハンガリーで開催されます。そして、2020年は、本イベント内で国際大会を開催いたします。

現在、世界標準ルールでは、レトリーブ競技とジャンプ競技の2種目があり、欧米を中心に開催されています。
 それぞれ90秒の制限時間の中で、レトリーブの回数、ジャンプ回数で得点を競う競技で、特別な技術は必要なく、簡単なトレーニングでどなたでも参加できます。
愛犬と飼い主が、ドッグトレーニング玩具「PULLER」を通じて、犬のしつけや訓練を目的とし、ユニークでかつ楽しいドッグスポーツがDOG PULLERなのです。
DOG PULLERは愛犬とのコミュニケーションと愛犬家との交流を深めることができるイベントです。
 また、短時間で高い運動効果を実現し、楽しみながら愛犬のしつけや訓練が行え、運動機能の発達や筋力強化を可能にします。

※ DOG PLAYNING®とは、ドッグトレーニングに対しての造語です。「PLAY」=「遊び」⇒「コミュニケーション」と考え、遊びを通して楽しく愛犬とコミュニケーションを高め、飼主と愛犬の健康寿命を共に高めていく全く新しい概念です。

​プラハ大会資料(英語)

■参加エントリー団体

 アニマルワールドカップ2020 in Tokyo

  DOG PULLER実行委員会

・フリスビードッグ

 愛犬とのコミュニケーションをより深める為の遊び道具…、それが”フリスビー”です。
世界のディスクドッグ達の中で最も多く使用されているフリスビーディスクです。
青空の下、風を切るフリスビー。投げる、走る、飛びつく?フリスビードッグは人と愛犬とが一体となったスポーツです。
 フリスビーとちょっとしたスペースさえあればすぐに始められるのもフリスビードッグの魅力。愛犬との気軽なコミュニケーションから、本格的な競技の参加まで、犬種を問わず楽しめます。しかもこのスポーツには、人と愛犬との信頼関係を作り、健康な体を維持するための様々な要素が含まれているのです。
 フリスビードッグは、人と犬との抜群のコンビネーションから生まれる華麗なテクニックと、一般の愛犬家の間でも、フリスビーさえあればできる愛犬との楽しいスポーツとして、年々その競技人口を拡大しているスポーツです。また、フリスビードッグの中には愛犬に必要な『しつけ』がすべて含まれているため、スポーツとしてはもちろん、愛犬の『しつけ』の面においても学んでいただけます。

・アジリティ

 アジリティ-は、指導手と犬が息をピッタリ合わせて、コース上に置かれたハードル、トンネル、シーソーなどの障害物を定められた時間内に、着実に、次々とクリアしていく競技です。
 わかりやすく言うと、障害馬術競技の犬版、いわば犬の障害物競争です。
アジリティーは「タイム」もさることながら、定められた順番どおりに障害物を着実にクリアしていくことが最も重要になります。
 長い歴史のあるドッグスポーツではなく、1978年にイギリスのクラフトショーでデモンストレーションとして公開されたのが最初といわれていますが、現在ではヨーロッパを中心に世界各地で競技会が盛んに行われるようになり、世界選手権大会も行われています。

・DOG DANCE

ドッグダンスは、人と犬とが音楽に合わせてステップを踏み、お手、スピン、足くぐり、ジャンプなどのトリックと呼ばれる色々な技を折りまぜて、音楽を表現するドッグスポーツです。もともとは、欧米で始まったスポーツで、オビディエンス(服従訓練)競技を音楽に合わせて観客に披露したことが始まりと言われています。
近年は、日本でも本格的な競技会が毎年のように各地で開催され、音楽や衣装の華やかさも手伝って、さまざまなイベントでドッグダンスショーが企画されるようになり、人気が上昇しています。また、ドッグダンスは犬の年齢・能力・犬種にかかわらず楽しむことができるため、多くのしつけ教室で一般の飼い主さんが楽しくトレーニングに取り組めるように取り入れられています。
誰でも気軽に楽しめるドッグダンスですが、競技会に参加するとなると、一般的なしつけの基本に加え、ち密なトレーニングが必要です。
ドッグダンス競技には「Heelwork to Music (ヒールワーク トゥ ミュージック/略してHTM)」と「 Freestyle(フリースタイル)」という2種目があります。
HTMは人と犬が離れずに一定のポジションを保って演技し、主に人と犬との一体感や歩き(前進・後進・横歩き)の正確性・美しさなどを競います。
それに対してFreestyleは、人と犬が離れる遠隔作業や、犬の体に危険が及ばない限りどのような動きでも取り入れることができます。
人と犬が一体感をもって動くことは同じですが、より自由度が増すFreestyleは、ダイナミックな動きやオリジナリティをアピールするのがポイントとなります。
ジャッジは、犬の集中は十分か?犬は指示に即座に応えているか?ポジションや技は正確か?構成や振付は曲をよく表現しているか?小道具や衣装は曲のイメージに合っているか?などアニマルピックでは「Freestyle」の競技会を予定しています。

・ハンディキャップ・シニアアニマル

『障害があってもスポーツができる!』
さまざまな障害を持つペットがいます。
健康寿命・しつけ・コミュニケーションなどをスポーツを通して、ペットと楽しく共生していきます。
そんな障害を持つペット達の勇姿を披露することで、人々へ勇気と感動を与えます。

・K9ゲーム

『ドッグトレーニングが楽しいゲームになった!』
ドッグトレーニングと聞くと、その必要性は分かっていても時間がない、めんどうくさい、うまくいかない、と敬遠されがちです。イアン・ダンバー博士が考案したK9ゲームRは、イヌが人と一緒に暮らすために必要な資質やマナーを飼い主もイヌも簡単に楽しく身につけられることを目的として9つの異なるゲームにデザインされているます。
徒競走、椅子取りゲーム、ダンス、モッテコイ競争など、まさにイヌの運動会。
他のイヌや飼い主以外の人とも仲良くできるイヌでなければ、ゲームを楽しむことができません。つまり、K9ゲームRは「社会化」を大前提として掲げています。家庭犬として「社会化」されていることは、動物病院でおとなしく診察を受けられるだけでなく、家に来客があっても、お散歩中に知らないイヌに出会っても、正しいマナーで挨拶ができます。
また、イヌを飼うという文化が社会から受け入れられてイヌに優しい環境が作られるのも、こういったトレーニングができていてこそ望めるものです。

・ドッグマラソン その他随時発表してまいります!

​こちらに紹介されている競技以外にも準備中の競技があります。

・エクストリーム体験

コンテンツとスケジュール

A.20分自由体験(1頭500円)

とにかく自由に20分間エクストリームの障害物を体験できます!
ノーリード不可。機材は体験用機材です。

実施時間=9:00~16:30

B.30分グループレッスン(1頭2000円、1グループ3頭まで)

インストラクターが障害物の練習方法を親切丁寧にレクチャーしながら
基本的な障害を回っていきます。終了後20分はフリー練習可能!
3頭の小規模グループレッスンなのでマンツーマンに近い形。
終わる頃には「ウチの子、天才だった」と思っていただけること間違いなし!
※20分フリー練習のワンちゃんたちがいる中で進めます。

1回目 9:30~10:00
2回目 10:10~10:40
3回目 10:50~11:20
4回目 11:30~12:00
5回目 13:00~13:30
6回目 13:40~14:10
7回目 14:20~14:50
8回目 15:00~15:30
9回目 15:40~16:10

 

===========================

 

ドッグライフプランはしもと内 エクストリーム事務局
〒553-0007 大阪府大阪市福島区大開3-1-2-727
TEL 06-6461-8410(平日10:00~17:00)
FAX 06-7635-8183
HP http://www.doglifeplan.jp/extreme/top.html
Facebook ドッグスポーツ・エクストリーム
twitter https://twitter.com/extreme1999dog